2010年06月12日

第二回・委員会議事録 (3)

白 : と云う訳で、太陽系第三惑星「ニャース」に棲息する全・現住二足歩行動物のことを「ピーポッポ」と総称することで決定した訳にゃが、この「ピーポッポ」が、何故か全宇宙自由猫同盟の第九植民星「ニャーペン・ターズ」に棲む原住生物「ミープル」に酷似することが当面の議題となっていたにゃ。

全員 : うんにゃうんにゃ。

粒 : 問題は、形態上の相似以上に、その基本的な生態や行動様式などに至るまで、非常によく似ていると云うことにゃ。まあ、抽象的な言い方をすれば、その根本精神や根性と云うことにゃ。

乳 : 四十万光年以上離れた惑星間で、これほどの類似が起きると云うのは、偶然なのかにゃ?

白 : そのことも含めて調査するために、この五猫委員会はあるんだにゃ。

コミ : そうにゃにょ?

白 : そうにゃにょ!!

粒 : 昔、「ピーポッポ」の「ニャイル・ランド」出身の文学者に「ジョニャシャン・シュウィフチョ」と云う云いにくい名前の者がいたにゃ。

白 : それはおまえが故国風に発音しているからで、「ピーポッポ」の名前は「ピーボッボ」風に読めばいいにゃ。

粒 : そうにゃったにゃ。「ジョニャシャン・シュウィフチョ」にゃったにゃ。

白 : 変わってないにゃ。おまえ、「ニャース」歴浅いからにゃ。正しくは、「ジョナサン・スウィフト」にゃ。

粒 : 彼にょ『しぇんいかや始まいにょちに複しゅうにょふにぇにょしぇん長とにゃっちゃ「レミュエユ・ンニャイヴァー」による、しぇかいにょ諸僻地へにょ旅行記四篇』にょうちにょ第四篇「フウイニュム国渡航記」には...

白 : おまえ普通に読むにゃ!! もう全然分かんにゃいにゃ!! それに誰にも分からにゃい正式名* で云うにょも止めるにゃあ...

粒 : 分かったにゃ。 ええと、『しぇんいから始まいにょちに...』...

白 : もういいにゃ! 『ガリバー旅行記』の第四篇でいいにゃ。

粒 : んにゃんにゃ、ちょれちょれ。「ミープル」って、この作品の中の「ヤプー」みたいにゃ。

長官 : いやいや、「ヤプー」は「沼正三」の小説* に登場する性の奴隷に改造された「ピーポッポ」のことにゃ。「ガリバー」に出てくるのは、「ヤフー」にゃ。

粒 : 「ミープル」も「ヤフー」も、文明化の度合いが異なるだけで、どちらも非常に見かけから中身まで「ピーポッポ」によく似ているのにゃ。

乳 : 逆に云えば、太陽系第三惑星「ニャース」に初めて来る自由猫は、「ミープル」を想像すれば、大体この惑星を蹂躙する「ピーポッポ」のイメージが湧くにゃ。

白 : 「ミルコ・ミルコビッチ・ミルキンスキー」少佐、君は本日の議論のまさに中心的な意義を指摘ちまちた!

乳 : わたち、いつ「少佐」になったの?

白 : うん。さっき。

乳 : でも、わたち軍人じゃにゃいにょに?

白 : うん。「福島指令」から...。

長官 : そんなことはいいかや、閑話休題、閑話休題。「TBTBさん」続けて。

粒 : そこで、『ガリバー旅行記』から「ヤフー」の諸特徴について抜き出してみようと思ったにゃが、面倒くさいから、ちょっと「ウィキ」っちゃったにゃ。

コミ : んにゃ、知ってる、突然、英語で町中インタビューをしてくる黒人さんにゃ!

白 : また始まったにゃ...。そんな古い話、誰も知らないにゃ...。

長官 : いや、それは違うにゃ。確かに「ウィッキーさん」の「ワンポイント英会話」は、平成六年 (1994) で終わったにゃが、その後も、特番等でちょくちょく復活してるにゃよ。最近では、去年の三月と七月にそれぞれ特番復活を果たしているにゃ。つい最近までは、「イエローハット」のCMにも出ていたし、「白さん」失礼にゃ!

白 : それは失敬にゃん...

長官 : それに「小宮山さん」、「ウィッキーさん」は、黒人ではなくて、「スリランカ人」にゃ!!

コミ : ンガー、ンゴー、Zzz.....

粒 : 続けるにゃ。

ヤフーは、 (中略) 人類を否定的に歪曲した野蛮な種族であり、ヤフーの中には退化した人間性がある。ヤフーは酩酊性のある植物の根によるアルコール中毒に似た習慣を持っており、絶え間なく争い、無益な輝く石を切に求めている。ガリヴァーと友人のフウイヌムは、人間とヤフーについての記録を比較し、二匹のヤフーが輝く石を巡って争っている隙に三匹目が石を奪い取るというヤフーの行為と訴訟や、特に理由も無いのに同種族で争いあうヤフーの習性と戦争のような、二種族の類似性を発見する。
「ウィキペディア」より

白 : うーむ、まさに「ミープル」にゃ。あっ、でも近年の「ミープル」はかなりマシににゃったがにぇ...。

長官 : それにしても、「ウィキペディア」の記述、意外と大したことないですねー。

乳 : んにゃ。こんにゃにゃら、大して長くないから、第四篇を全部読み通した方が分かりいいにゃ。

コミ : にゃあぁ。大体、この小説は第四篇が白眉にゃ。「ピーポッポ」は、第一篇と第二篇ばかり読むのは、愚かしい限りにゃ。

長官 : 然り、然り。その次は第三篇が優れているにゃ。

粒 : にゃんだか、みんにゃ『ガリバー旅行記』に詳しいにゃ。

長官 : そりゃそうにゃ。「ニャース文学」では、猫語訳が出ている数少ない作品だからにゃ。

粒 : えっ、そうなにょ?! 苦労して原書読んでいたにょに...。

乳 : えっ、知らなかったにょ?! だって、翻訳したのは「Nyo'Changさん」だよ!

粒 : にょえーッ!! 「白さん」そうなにょ?

白 : うむ、まあそうなにょね。言い遅れて申し訳なかったにゃ。

粒 : 道理で、発音とかしっかりしていると思ったにゃあ...。

長官 : まあ、そう落ち込むにゃ。今度、肉球入本でも貰うといいにゃ。本国じゃ、いますごいプレミアついているにゃよ。

白 : えっ、そうなにょ?! しまった、それでこの前「福島指令」から箱で送れるだけ送ってこいと云われた訳だ...。猫族の教化のためだとか云ってたくせに...。

乳 : あっ、そう云えば、「福島指令」、念願のマイホーム買ったとか云ってたにゃ。

全員 : .....。

 (つづく)



* 『ガリバー旅行記』の正式名
『船医から始まり後に複数の船の船長となったレミュエル・ガリヴァーによる、世界の諸僻地への旅行記四篇』

* 沼正三の小説
『家畜人ヤプー』のこと。作者の「沼正三」の正体に関しては諸説があるため、ここでは一応、不明としておく。
posted by Le chat d'or at 09:05| Comment(0) | 議事録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。